28/10/2019 10:22 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、非同盟運動加盟諸国と連携

5日午前、アゼルバイジャンの首都バクーで、非同盟運動の第18回首脳会議が開幕しました。会議には加盟120か国の指導者、オブザーバー諸国、国際組織の代表らが参加しました。 席上、ベトナムのダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席は非同盟運動加盟諸国に対し、平和共存の諸原則を含むバンドン10原則を掲げ、団結を強化して、非同盟運動を法の支配、国際関係の民主化、加盟諸国の正当な利益の保護に原動力をつけるものにし続けるよう呼びかけました。 また、ティン女史は「ベトナムはASEAN共同体づくりや平和、安定、発展のために常に尽力している」と強調するとともに、非同盟運動に対し、東南アジア地域の平和、安定、安全保障に向けての努力を支持するよう要請しました。 さらにベトナムは非同盟運動の各原則と目標を堅持し、加盟諸国と力を合わせ、試練への対応や非同盟運動の発言力の発揮に取り組む意向があるとしています。 ソース:VOV