25/04/2018 09:27 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、責任のある持続可能な漁業発展を促進

責任のある持続可能な漁業発展ベトナム政府の優先課題の1つとなっています。

EU=欧州連合はベトナム産水産物に対する制限を解除するために、2017年10月23日から2018年4月23日までの6ヵ月間に、関連問題を解決するよう要請しています。

これに関し、水産物総局のグエン・クアン・フン副総局長は、「これはベトナム水産物の輸出にとって障壁でありながらも、漁業の再構築や、その持続可能な発展路線を定めるためのチャンスでもある」との見方を示しています。

フン副総局長によりますと、EUの制限措置を受け、ベトナムは中央から末端レベルまで、様々な克服措置をとっています。例えば、漁船監視設備の設置や、漁業生産工程改善・管理体制の導入、国際基準と国際規定の遵守の義務化、原産地究明体制の導入などです。

特に、政府は外国の海域での違法な漁獲を禁止しています。これらの措置は、責任のある持続可能な漁業発展を促進するためのものだとしています。
ソース:VOV