22/11/2019 10:23 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、紛争の平和的解決を堅持

19日、国連安全保障理事会は「国際の平和と安全保障の確保における和解の役割」と題するオープンな討論会を行い、加盟諸国の代表らが62のスピーチを発表しました。

討論会で、グテーレス国連事務総長が「信頼醸成や事実の尊重、また、関係当事者の発言に耳を傾けることは和解プロセスの重要な要素である」と強調しました。一方、加盟諸国の代表は独立、主権、内政不干渉などの原則を尊重し、紛争を引き起こす原因を公平に検討する必要があるとの意見を出しました。

ベトナムの国連常駐代表団団長のダン・ディン・クイ大使は「ベトナムは平和的措置で紛争を解決するという原則を堅持している」と強調するとともに、紛争の長期化や繰り返しの原因は民族和合と和解が効果的に行なわれなかったことであるとの見解を示しました。また、紛争に直接的に関わる国は和解プロセスで決定的な役割を果たすべきであるとする一方、政治、経済、社会などの問題が根本的に解決しなければならないとしています。
ソース:VOV