11/08/2018 10:45 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、米中貿易摩擦の影響に主体的に対応

経済専門家によりますと、「貿易を巡るアメリカと中国の緊張はベトナム経済に直接的な影響を及ぼすわけではないが、ベトナムはこの貿易戦争のドミノ倒しの影響を無視することは出来ない」という事です。
ベトナムは、年末までの経済成長スピードを維持する為には、明白な投資環境づくり、アメリカからのFDI=外国直接投資の誘致強化、ハイテク企業の業務能力向上を行うと同時に、外国人投資家の投資撤退防止のため、外貨管理措置を講じる必要があると勧告されています。その他、米中貿易緊張が激化している背景の中で、ベトナムを通じて、アメリカ向けの中国製品の輸出、逆に、中国へのアメリカ製品の輸出を避けることも重要です。さもなければ、ベトナムは課税される恐れがあります。

政府の7月月例会議の記者会見で、ド・タン・ハイ商工次官は次のように明らかにしています。

「政府は、輸出入製品の原産地に関する貿易管理法の詳細を定める議定を発行しました。また、商工省は、この議定の施行細則政令を出しました。現在、商工省は、産地偽装防止対策などの計画を批准しました。同時に、私たちは、それぞれの地方の市場管理担当者らに対し産地偽装の対策措置をとるよう指導しました。」

なお、ベトナムは、さらに製造加工産業の発展を推進し、輸出活動に集中しています。
ソース:VOV