19/06/2017 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、第22回世界電子フォーラムに参加

世界電子フォーラムは1995年に設立され、電子産業に携わる各企業経営者が集まり、企業間の連携を強化するための場と見られています。
17日、ハノイで、VEIA=ベトナム電子企業協会は、フランスのアンジェ市行政府や、フランスの企業アンジェフレンチテク社との共同で、記者会見を行い、今年10月24日から28日まで、アンジェ市で開催される第22回世界電子フォーラムについて紹介しました。

これによりますと、世界電子フォーラムは、日本や、アメリカ、シンガポール、オーストラリアなど世界各国の電子企業協会の代表が参加し、経験交換のほか、新しいアイディアや、アプローチ方法などを提案し、協力チャンスを探る場と見られています。今年はベトナムも参加するということです。

情報通信省所属情報技術局のダオ・ディン・カー局長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「ベトナム電子産業部門が世界電子フォーラムに参加することは、ベトナムが相手国に関する理解を深め、競争力を高めるための良いチャンスとなります。情報通信省は、このフォーラムに参加しようとする企業に便宜を図ります。また、電子製品分野に携わる国内外の企業に有利な条件を作り出していきます。」

なお、世界電子フォーラムは1995年に設立され、電子産業に携わる各企業経営者が集まり、企業間の連携を強化するための場と見られています。
ソース:VOV