07/03/2019 11:30 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、男女平等を推進

5日、ホーチミン市で、社会・経済・環境研究院代表団は「労働法による男女平等の推進」プロジェクトの枠内で、ダイズン建設機器株式会社を訪れた際、「労働法改正・企業と労働者の発言」と題する座談会を行ないました。
席上、社会・経済・環境研究院のホアン・ティ・フゥオン副院長は「この座談会で分業や賃金制度、男女平等、安全で平等な労働環境、企業福祉などの問題を討議した上で、『労働法による男女平等の推進』プロジェクトの実施に際し、労働法の改正に適切な意見を提出する」と明らかにしました。
一方、各企業の代表らは「現在、分業は公開かつ平等で、性別ではなく、能力を基礎に実施している」との意見を出しました。
ソース:VOV