09/01/2020 15:23 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、安保理非常任理事国の任に就く

ベトナムは1月の国連安全保障理事会の輪番議長国の任に就いたことにあたり、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は記事を執筆しました。
タイトルは「ベトナム、1月の国連安全保障理事会の輪番議長国を務める。国の地位向上と独立、自主の対外路線の発揮にゴールデンチャンス」です。
記事の中でミン副首相兼外相は「国連安全保障理事会の輪番議長国への就任にあたり、ベトナムは独立、自主、国際関係の多様化、全方位の対外路線を堅持するとともに、対話の推進、緊張緩和、地域と世界の平和・安全保障を脅かす問題の解決策の模索、国際法、国連憲章の遵守、各国の独立、主権、領土保全、政治体制の尊重、内政不干渉、平和的措置による紛争の解決、武力による威嚇、または武力行使の防止に向け努力していく」と強調しました。
国連安全保障理事会の輪番議長国を務める期間にベトナムはイエメン、リビアなどにおける国連平和維持部隊の活動、中東、コロンビア、中央アフリカの状況に関する30あまりの会議や討論会などを主催します。また、「国連創立75周年記念」をテーマにした拡大閣僚級討論会や国際平和と安全保障の維持における国連と地域諸組織の協力に関する会合を行なう予定です。
これらのイベントの開催を機にベトナムは国連憲章、国際法、とりわけ独立、主権、領土保全に関する基本的な原則の尊重の重要性、また、国連安全保障理事会とASEAN2020議長国としての自国の役割を強調したい意向があるとしています。
ソース:VOV