06/03/2020 11:38 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、安保理に南スーダン制裁措置の再検討を呼びかける

4日、ニューヨークの国連本部で開かれた国連安全保障理事会で国連南スーダン派遣団は同国での活動を報告する会を行ないました。

これによりますと、南スーダンの状況は前向きな進展を見せ、2月22日に、南スーダン政府と反政府勢力が参加する国民統一暫定政府の設立は紛争の公式な終焉に向けての妥協、政治的公約、決意を示したとしています。安保理理事国は和平協定の完全履行や統一政府の設立を歓迎するとともに、関係各側に対し、停戦合意を遵守するよう呼びかけました。

席上、ベトナムの国連常駐代表団の団長であるダン・ディン・クイ大使はベトナムの平和維持部隊を含む国連南スーダン派遣団の活動を高く評価するとともに、安保理に対し、南スーダンに適用されている制裁措置を再検討するよう呼びかけました。

こうした中、4日、南スーダン中央銀行はアメリカが南スーダンの企業157社に対する制裁の解除を発表したと明らかにしました。
ソース:VOV