25/06/2021 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、外国人を対象にする入国政策を検討する

(VOVWORLD) -ハン報道官はベトナムはアメリカ、および、国際的な新型コロナウイルスワクチンの調達・供給枠組み「COVAXファシリティー」と交渉を行い、ワクチンの調達に取り組んでいると明らかにしました。
24日午後ハノイで行われた外務省の定例記者会見で、ベトナム外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官はベトナムは国内での新型コロナウイルス感染症の動きに基づき、外国人対象の入国政策を検討すると共に、新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書(ワクチン・パスポート)」の認定を進めると明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「経済発展と新型コロナ予防の強化という二重目標の遂行を目指し、先頃、政府は出入国政策と新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書の所持者に対する医療措置の改正ロードマップに関する外務省の提案に同意しました。政府の指導を実施して、外務省は保健省や関連各機関と協力して、出入国が許可される対象者の拡大を検討しています」

このように語ったハン報道官はベトナムはアメリカ、および、国際的な新型コロナウイルスワクチンの調達・供給枠組み「COVAXファシリティー」と交渉を行い、ワクチンの調達に取り組んでいると明らかにしました。