19/10/2017 12:19 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、国連の中核的な役割を重視

17日午前、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は国連のベトナム常駐調整官事務所のカマル・マルホトラ調整官率いる国連代表事務所の所長からなる代表団と会見しました。

席上、フック首相は「ベトナムは常に国際法の制定、平和維持、衝突の防止、試練への対応における国連の中核的な役割を重視している」と強調するとともに、国連を外交政策の優先対象と見なし続けると明らかにしました。また、平和と安全、開発、人権という国連の3本柱に積極的に寄与していくとしています。

さらにベトナム政府は国連との協力を推進して、ベトナム駐在国連代表事務所の活動に有利な条件を作り出すと公約しました。そして、国連に対し、ベトナムの人材育成や資金、技術の援助を継続するよう希望を表明しました。

一方、国連のベトナム常駐調整官事務所のカマル・マルホトラ調整官は「国連は持続可能な開発のための2030アジェンダの実施や持続可能な開発と民間経済セクターの発展との連携でベトナムを支援していくと強調しました。
ソース:VOV