21/08/2020 07:57 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、再び中国に抗議

(VOVWORLD) - ベトナムの海事当局は状況を見極めています。自国の国益保護を目指し、平和的かつ合法的措置で、法律を施行しています。

20日午後ハノイで開催された外務省の定例記者会見で、レ・ティ・トゥ・ハン報道官は、ベトナムのチュオンサとホアンサの両群島の海域での中国の違法な行動に反発するとともに、関係各側に対し、この海域での平和・安定の維持に貢献するよう呼びかけました。

今月初めに中国がベトナムのホアンサ群島に属するフーラム(Phu Lam)島に爆撃機を派遣したという情報に関し、ハン報道官は、「これはベトナムの主権を侵犯する行為である」とし、次のように語りました。

(テープ)

「これまで、再三確認してきたように、チュオンサとホアンサの両群島はベトナムの切り離すことができない一部です。ベトナムはこれを証明する歴史的・法的証拠を十分に持っています。爆撃機の派遣などこの海域への兵器の搬入はベトナムの主権を侵犯するだけでなく、情勢を複雑化させます。」

また、中国の海上警察の船舶がベトナム大陸棚の付近で活動してきたことに関し、ハン報道官は、「ベトナムは断固として、自国の正当な国益と権利を保護する」とし、次のように明らかにしました。

(テープ)

「ベトナムの海事当局は状況を見極めています。自国の国益保護を目指し、平和的かつ合法的措置で、法律を施行しています。」

ハン報道官は、「関係各側は1982年国連海洋法条約を含め国際法を順守する必要がある」と訴えました。