21/04/2021 15:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、全方位外交政策を堅持

フック国家主席は、「ベトナムは国際社会の積極的なメンバーとして、多国間主義の促進、国連憲章と国際法の厳守、衝突防止対策、地域の安全保障のために全力をあげて取り組んでいる」と再確認しました。 既にお伝えしましたように、ベトナム時間の4月19日、グエン・スアン・フック国家主席は4月の国連安全保障理事会の議長として、安保理公開討論を主宰しました。そのテーマは、「衝突防止対策における信頼醸成と対話の促進を目指す国連と地域内の各組織との連携強化」となりました。席上、フック国家主席は、「ベトナムは国際社会の積極的なメンバーとして、多国間主義の促進、国連憲章と国際法の厳守、衝突防止対策、地域の安全保障のために全力をあげて取り組んでいる」と再確認しました。 フック国家主席によりますと、ベトナムは国際社会、国連、及び、ASEANの責任感あるメンバーであるとともに、平和愛好国家であり、長年にわたり、戦争に苦しんできたことから、平和の価値と戦争、衝突による損失と痛みを深く理解し、衝突の防止・解決で、国連との連携を強化し、地域と世界の安定、繁栄に貢献しているとしています。公開討論で、フック氏は、信頼醸成や、衝突防止対策に関するいくつかの方策を提案し、参加者の好評を得ました。 グエン・スアン・フック国家主席がこの討論会を主宰したことは独立、自主、全方位、国際関係の多様化、国際社会への主体的かつ積極的な参入というベトナムの対外政策を立証したものとみられています。 ソース:VOV