05/03/2016 14:50 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、人権理事会で討論会を主宰

3日、スイスのジュネーブで行われた第31回国連人権理事会の定例会議は人権への気候変動の影響に関する討論会を開きました。 討論会を主宰したベトナムのグェン・チュン・タイン国連大使は、「ベトナムは、気候変動の影響を受けやすい国々の一つである。気候変動の影響により、人的物的被害は年々増加しており、疫病なども頻繁に発生する恐れがある。こうした状況の前に、ベトナムは、全国民の健康に対する気候変動による被害を最小限にするため、全力を尽くして努力しており、人権に対する気候変動の影響を国家の計画や政策に盛り込み、各国と共に気候変動に関するパリ協定の公約を十分に遂行してゆく」と強調しました。 VOV