08/07/2019 10:20 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、人権保護を重視

国連人権理事会と各国は、人権保護のためのベトナムの努力を高く評価しています。

4日に行われたベトナムの国家報告書を採択するUPR=国連人権理事会の普遍的定期的審査制度の第3回作業部会会議で、ベトナムは、「各国の291件の提案を点検したうえで、241件を実施する」と発表しました。

この会議に出席したレ・ホアイ・チュン外務次官は、「各国は、ベトナムの立法事業や、持続可能な経済社会発展と貧困解消事業の成果、労働権保護に関する問題解決などを高く評価している」と明らかにしました。カ国の241件の提案の実施に関し、チュン次官は次のように述べています。

(テープ)

「近いうちに、外務省はコーディネーターとして、関連各機関とともに、これらの提案を評定し、分類します。また、外国相手の意見も参考にします。その後、首相に報告します。実施過程において、人権に関する教育や、予算など重要な課題の実施状況に対し、中期検査を行います。」
ソース:VOV