25/06/2021 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、世界経済への参入を促進

(VOVWORLD) - ベトナムのブイ・タイン・ソン外相は、「疫病予防対策を進めながら経済回復に力を入れるという二重任務を実施し、世界経済への参入を促進し、アジア太平洋地域諸国との関係を深化させる」というベトナムの政策を強調しました。 

中国の外務大臣の招きに応じて、ベトナムのブイ・タイン・ソン外相はオンライン方式で開催された中国の巨大経済圏構想「一帯一路(Belt and Road)」に関するアジア・太平洋地域のハイレベルな会議に参加しました。
席上、ソン大臣は、アジア・太平洋地域の回復と世界経済の迅速な変化への適応に対する地域協力の重要性を強調し、関係国が関心を寄せるべき3つの課題を取り上げました。これらは、疫病予防対策とワクチン研究・開発・生産・配分・技術移転を目指す多国間協力の強化や、貿易・投資振興・デジタル経済開発などを目指すAPEC・ASEAN・一帯一路などの多国間協力体制の発揮、各国の持続可能な開発目標の実施への支援となっています。

ソン外相は、「疫病予防対策を進めながら経済回復に力を入れるという二重任務を実施し、世界経済への参入を促進し、アジア太平洋地域諸国との関係を深化させる」というベトナムの政策を強調しました。