23/01/2018 11:53 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、モンゴルとの友好協力関係の発展を重視

既にお伝えしましたように、ベトナムのグェン・テイ・キム・ガン国会議長の招きに応じて、モンゴルのミエーゴンボ・エンフボルド国家大会議議長夫妻率いる代表団が20日から23日にかけてベトナム公式訪問を行っています。
ベトナム、モンゴルとの友好協力関係の発展を重視 - ảnh 1 ガン国会議長(右)とミエーゴンボ・エンフボルド国家大会議議長
22日午前、ハノイで、ガン議長はミエーゴンボ・エンフボルド議長と会談しました。

席上、ガン議長は「ベトナムは常に、モンゴルとの互恵の友好協力関係の発展を重視しており、国際場裏におけるモンゴルを支持している。」と強調すると共に、双方はそれぞれの潜在力と強みを活かして、経済貿易協力を新たな段階に発展させる必要があると訴えました。今後の両立法機関の協力関係の一層強化について、ガン議長は次のように提案しています。


「双方は、各レベル代表団の相互訪問を頻繁に行う必要があります。これらは、相互理解と相互信頼を深めた上で、多くの分野において適切で効果的な関係を広範に発展させる方針です。また、双方は引き続き国際場裏における連携メカニズムを活かすと同時に、両国の政府や各省庁による締結済みの協定、合意書の履行を監視しなければなりません。」
一方、ミエーゴンボ・エンフボルド議長は今回のベトナム訪問は素晴らしい成果を収めるだろうとの確信を表明すると共に、「モンゴルは、2020年~2021年期における国連安全保障理事会非常任理事国へのベトナムの立候補を支持している。また、ベトナム東部海域の平和、安全保障を維持し、国際法に沿ってこの海域を巡る紛争を解決するというベトナムとASEANの立場に賛同している。」と明らかにしました。

なお、会談後、両議長は、2018~2022年期の協力覚書に調印した他、ベトナム北部ホアビン省人民評議会とモンゴルのトゥブ県人民評議会による協力覚書の調印式典に立ち会いました。
ソース:VOV