24/03/2019 20:25 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、「世界気象デー」に対応

気候変動による深刻な被害を受けるベトナムにとって、環境保護や、自然災害軽減などは差し迫った問題となっています。 23日、北部港湾都市ハイフォンで、「太陽・地球・天気」をテーマにした「世界気象デー」2019に対応する活動をスタートさせる式典が行われました。 これは、気候変動や、人間の健康と環境への太陽の影響とその対策、自然災害防止対策、クリーンエネルギーなどに関する人々の認識向上を目指すものとされています。式典で、天然資源環境省のレ・コン・タイン次官は次のように語りました。 「このイベントを通じて、ベトナムは各個人や、団体、国際組織の構想と力の活用を進めていきます。これは、気候変動への対応分野における国際協力や、国の持続可能な発展事業に役立ちます。今後、各機関、地方は自然災害軽減のために緊密に協力していく必要があります。」 式典後、参加者らは、フリェン(Phu Lien)気象台の100年の歴史を顕彰するために、同気象台に100周年記念看板をつける視点を行いました。 ソース:VOV