20/10/2018 12:55 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相 ASEMサミットで3つの提案を出す

19日午前、ブリュッセルで開催中のASEM=アジア欧州会合の第12回首脳会議で、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は演説を行いました。
その中で、フック首相は、「多国間主義が多くの試練に直面していることや、気候変動が厳しくなっていること、デジタル化が人間の生活を大きく変化させていることは世界に大きく影響を与えている」と述べ、3つの提案を出しました。

第一は、ASEMはグローバル的な問題を解決するため、多国間協力の強化に先頭に立つ必要があるということです。フック首相は、アジアと欧州は、平和の維持、対話の促進、国際法遵守に全力を尽くしてゆくよう呼びかけました。

第2の提案として、フック首相は、「ASEMは、気候変動対応、天然資源の持続可能な開発、食料安全保障、エネルギー安全保障、クリーンエネルギー開発などを精力的に進める必要がある」と強調しました。

そして、第3の提案は、インベンション・イノベーションにつながる着実で包括的な経済社会発展を促進することです。フック首相は、ASEMは、インベンション・イノベーションに関する経験を交換し、インベンション・イノベーションを奨励すると共に、社会的弱者にインベンション・イノベーションによるメリットを活用してもらうようにする必要があると強調しました。
ソース:VOV