28/06/2016 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相 メコンデルタ地域の発展への国際支援を評価

27日、ホーチミン市で、「メコンデルタフォーラム2016」が開催されました。今回のフォーラムは、「気候変動による試練とチャンス」、そして、気候変動対策について話し合うために行われたものです。

開会式で演説を行ったグエン・スアン・フック首相は、メコンデルタは付加価値の高い農産物の産地ヘ向けて着実に発展していると明らかにし、バイオテクノロジをはじめ、ハイテクを農業に導入することの重要性を強調しました。また、農産物の商標づくりや国内外市場の開拓を進める必要があるとしています。
そして、フック首相は、メコンデルタ地域の発展に関する国際支援に感謝の意を表明し、WB世界銀行に対し、気候変動対策において引き続きメコンデルタの発展を支援するよう呼びかけました。フック首相は次のように語りました。
(テープ)
「世界銀行に対し、低金利の借款をさら供与すると共に、水資源などに関する調査・研究を支援して頂きたいと思います。そして、この地域の気候変動監視システムや、気候変動に対応するための人材育成・国家管理システムの充実を支援していただければ、と思います。そして、気候変動対応策の一つとしてメコンデルタのインフラ整備も重要だと思います。」
ソース:VOV