28/01/2019 07:56 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相 ダボス会議でベトナムのイノベーションをPR

フック首相はダボス会議でベトナムのイノベーションと世界経済への広範な参入をピーアールしました。 既にお伝えしましたように、25日、グエン・スアン・フック首相は、スイス東部のダボスで開催されていたWEF=世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)への出席を成功裏に終え、帰国しました。 この機に、ブイ・タイン・ソン外務次官は記者団のインタビューに答え、フック首相はダボス会議でベトナムのイノベーションと世界経済への広範な参入をピーアールしたと明らかにしました。 ソン次官によりますと、ダボス会議で、フック首相は、ベトナムは第4次産業革命において先頭に立って世界の繁栄のために全力を尽くしたいという考えを示しました。又、ベトナムは第4次産業革命のメリットを最大限に活用し、経済構造の転換や国のイノベーションを促進させる決意であると強調しました。そして、フック首相は、世界の一流企業がベトナムに投資する最適な時が来たと述べ、外国企業の投資を呼びかけました。 ソン外務次官は、フック首相のダボス会議への出席は、国際社会におけるベトナムの威信を高め、外国企業の注目を集めたであろうとの考えを示しました。 ソース:VOV