07/03/2020 10:15 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相:「新たなCovid-19対策を適用する必要がある」

フック首相は、韓国とイタリア在留ベトナム人への入国ビザ免除措置を一時停止するという提案に賛同しました。

5日、政府本部で行われた新型コロナウイルスによる肺炎いわゆるCovid-19予防対策を討議する会議で、疫病予防対策指導委員会は、「現在、Covid-19は84か国・地域に拡大している」と明らかにしました。

また、ベトナムへの拡大の危険性を強調したうえで、政府に対し、国外在留ベトナム人に対しても、入国ビザの発給を一時停止するよう提案しました。これを受け、グエン・スアン・フック首相は関連各省庁、機関、地方に対し、疫病予防対策を断固として進めていくとともに、新たな方法を適用するよう指示しました。

(テープ)

「集中的な隔離措置は重要な対策です。軍部隊は準備をしなければなりません。また、各地方は軍部隊と協力し、隔離病棟を設置するための地域を用意します。また、いくつかのホテルや、航空なども準備作業を進める必要があります。」

このように語ったフック首相は、韓国とイタリア在留ベトナム人への入国ビザ免除措置を一時停止するという提案に賛同しました。また、疫病予防対策を進めながらも、生産経営活動を確保する決意を表明しました。
ソース:VOV