22/10/2018 08:24 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、EU諸国歴訪を終える

21日午前、グエン・スアン・フック首相夫妻はASEM=アジア欧州会議の第12回首脳会合、及び、「グリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ」首脳会議への出席をはじめ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、欧州連合の歴訪を終え、ハノイに到着しました。
フック首相、EU諸国歴訪を終える - ảnh 1  ASEM会議で、フック首相=chinhphu.vn
「グリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ」首脳会議への出席に際し、フック首相はデンマークのラスムセン首相と会談しました。席上、フック首相はデンマーク政府に対し、同国企業にベトナムの海運、港湾建設、船舶建造、再生エネルギー、グリーン・テクノロジーの開発、畜産、水産物養殖などの分野への投資の強化を激励するよう要請しました。
また、両首相はアジア・欧州、とりわけASEANとEU、ASEANとデンマークの連結の強化に力を入れていくことで一致しました。ラスムセン首相は東南アジアでの平和、安定、協力、発展の推進に向けての努力や、ベトナム東部海域での海上・上空の自由航行、国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って、平和的措置で紛争を解決することに対する支持を表明しました。この機に双方は共同声明を発表しました。
同日、フック首相はデンマークの大手企業20社の代表と対話を行ないました。席上、フック首相は次のように語りました。
(テープ)
「我が国は豊富な若い労働力を擁し、人件費が手頃です。皆さんと対話を行い、第4次産業革命が進んでいる中のベトナムとデンマークの貿易・投資協力の強化措置について話し合うことができ、嬉しく思います。デンマーク企業はベトナム企業と連携して、両国関係の架け橋としての役割を果たすよう希望します。」
デンマーク訪問期間中、フック首相は女王マルグレーテ2世に謁見しました。
ソース:VOV