16/11/2018 10:07 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、第6回ASEAN・アメリカ首脳会議に出席

15日、シンガポールで、グェン・スアン・フック首相を始め、ASEAN=東南アジア諸国連合加盟諸国とアメリカは第6回ASEAN・アメリカ首脳会議に出席しました。

会議で、フック首相は地域におけるアメリカの役割と貢献を高く評価すると共に、ASEANとアメリカは対話と信頼醸成を強化し、法律に基づいたオープンで、透明性が高い地域の秩序を促進するよう希望を表明しました。フック首相はアメリカの「自由で開かれたインド太平洋戦略」を確認し、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海に関するASEANの立場を再度強調しました。

一方、アメリカのマイク・ペンス副大統領は「アメリカはASEANの核心的な役割を支持すると明らかにすると共に、アメリカは地域のインフラ整備のため600億ドルを支援することを発表しました。

会議の終了にあたって、各国の指導者はサイバーセキュリティー協力に関するASEAN・アメリカ声明を採択しました。
ソース:VOV