03/05/2019 09:59 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、民間経済セクターの発展を奨励

 既にお伝えしましたように、5月2日、ハノイで、政府事務局と党中央経済委員会の共催により、ベトナム民間経済フォーラム2019が3日までの日程で開幕し、グエン・スアン・フック首相や、中央経済委員会のグエン・バン・ビン委員長らが出席しました。
フック首相、民間経済セクターの発展を奨励 - ảnh 1    フック首相が発表を行っている
開会式で発言に立ったフック首相は、「ドイモイ事業が始まってからこの30年あまりに、民間経済セクターは、国のGDP国内総生産の42%や、歳入の30%、総労働力の85%を占めており、国の経済発展事業の大きな原動力となっている」と語り、民間経済セクターの重要な役割を高く評価しました。フック首相は、民間企業の精神に触れ、次のように語りました。

「強固な民間経済セクターは、効果的な国営セクターとともに、ベトナム経済に明るい将来をもたらします。したがって、国の経済力が国境を超え、国際社会にも影響を与えるようになります。」
開会式後、フック首相や、党と政府の指導者らは、企業の質問に答えました。今後の民間経済セクターの発展に関する政策について、フック首相は次のように語りました。

「それらに関するキーワードは、平等、保護、奨励、チャンスづくりとなっています。平等というのは、平等な競争環境です。保護というのは、財産権、経営自由権などの保護です。奨励というのは、優れた企業と実業家を顕彰することです。そして、一番重要なのは民間企業にチャンスを与えることです。」
フォーラムで、参加者らは、経営投資環境の改善や、汚職防止対策、観光振興、農業生産奨励などに関するイニシアティブを提案しました。なお、「民間経済セクターを社会主義的方向に添う市場経済の重要な原動力に発展させる」をテーマにしたこのフォーラムは、民間経済セクターの発展に関する第10回党中央委員会総会決議の実施状況の評定や、民間経済セクターの成果、政策・体制完備を目指す民間企業の意見集約が主要議題となっています。
ソース:VOV