16/01/2018 09:38 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、国営企業の株式化の強化を指示

商工省は、2025年までの貿易発展戦略と2035年までのビジョンの効果的実施や、商工部門傘下の国営企業の株式化の促進などを主要任務と見なしています。

既にお伝えしましたように、15日、ハノイで、商工部門は2017年の活動を総括し、2018年の計画を展開する会議を開催し、グエン・スアン・フック首相らが参加しました。

席上、フック首相は経済状況を分析し、ベトナムの困難と試練を指摘したた上で、商工部門に対し、企業の困難解決や、国営企業の再編、工業発展の効果向上などを促進していくよう要請しました。

また、フック首相は、国の経済発展事業に対する商工部門の重要な役割を強調するとともに、「国の持続可能な経済発展のために、管理能力の向上や、生産コストの削減などは長期的な方法であることから、これらに力を入れていく必要がある」と指示しました。
ソース:VOV