23/06/2018 10:32 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、共同生産組合連盟の役割を評価

各共同生産組合はベトナムの経済発展事業に積極的に貢献しています。

21日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は、共同生産組合連盟の指導部と会合を行い、共同生産組合と共同生産組合経済の発展状況について討議しました。集団経済発展刷新指導委員会委員長を務めるブオン・ディン・フエ副首相らも同席しました。また、会合には、各省庁や、部門、機関、各地方の共同生産組合連盟の代表も参加しました。

席上、フック首相は、共同生産組合連盟は国の国際社会への参入事業において重要な役割を果たしており、国の経済社会発展事業、雇用創出、国民の生活改善などに積極的に貢献している」と評価しました。

共同生産組合連盟の今後の発展方向に関し、フック首相は、「共同生産組合に従事する幹部、職員は共同生産組合連盟の発展の重要性を貫徹し、やり方を刷新し、関連各機関との連携を強化する必要がある」と訴えました。また、各地方に対し、共同生産組合に関する法律・政策の点検・完備、生産のバリューチェーンの発展などを進めるよう要請しました。
ソース:VOV