12/09/2018 11:27 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、世銀副総裁と会見

既にお伝えしましたように、チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻の招きに応え、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領夫妻は11日と12日の両日、ベトナム国賓訪問を行なっています。

11日午後、ハノイで、クアン国家主席の主宰の下、ウィドド大統領の歓迎式が盛大に行われました。この訪問は両国の良好な友好協力関係を発揮するチャンスとなると期待されています。また、両国が友好・協力関係の強化を重視することを示すものとも見られています。

同日午後、両首脳は会談を行い、関係強化策や、国際問題などについて意見交換をしました。席上、両首脳は、訪問団交換の強化や、現行の協力体制の効果向上、国際問題に対する立場の統一性の維持、海軍・空軍・国防産業・犯罪防止対策での協力の強化などで一致しました。

クアン主席とウィドド大統領は、両国間の貿易額を100億ドルを超えるように取り組んでいくと確約しました。また、両首脳は、領海問題に触れ、1982年国連海洋法条約を含め国際法に従って問題を解決することに合意しました。

他にも、DOC=海上行動宣言の尊重、COC=行動規範の早期制定にも一致しました。クアン主席とウィドド大統領はエネルギーや、農業、文化、海洋、環境などの分野での協力強化策などについても意見交換をしました。

国際問題に関し、両首脳はASEANの中核的役割の維持・向上、ASEANビジョン2025の重要性などを強調するとともに、国際場裏での協力・強調の強化を公約しました。

会談後、クアン国家主席とウィドド大統領は、2019~2023年期におけるベトナム・インドネシア戦略的パートナーシップに関する行動計画や、IUU漁業=違法・無報告・無規制漁業防止対策と持続可能な漁業管理に関する共同声明などの調印式に立ち会いました。
ソース:VOV