05/02/2020 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、マレーシアやアルメニア大使らと会見

3日午後、政府本部でグエン・スアン・フック首相は在ベトナムマレーシア大使館のダト・シャリフア・ムスタファ大使と会見しました。
フック首相、マレーシアやアルメニア大使らと会見 - ảnh 1写真提供: Thong Nhat
席上、フック首相は双方に対し、高級指導者による会合や相互訪問を推進し、第6回政府合同委員会を含む協力体制を維持するとともに、2020年~2025年期の戦略的パートナーシップを展開する行動計画を早期に締結するよう要請しました。また、マレーシア側に対し、イスラム教徒用のハラールに処理された食品や農産物をはじめ、ベトナム製品に対する貿易障壁を緩和するよう求めたうえで、双方の商取引額を増加させる必要があるとしています。
他方、アルメニアのバフラム・カゾヤン大使との会見で、アルメニアとの関係をさらに発展させていく意向を表明しました。また、ベトナムとアルメニアはベトナムとユーラシア経済連合の自由貿易協定を活用し、貿易投資協力を促進する必要があるとしています。さらに、フック首相は第2回ベトナム・アルメニア政府合同委員会を早期に開催し、協力の強化措置について話し合うよう要請しました。ベトナムはASEAN2020議長国としてASEANとアルメニアとの協力を推進していく架け橋としての役割を果たす用意があると表明しました。
ソース:VOV