01/08/2019 10:34 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、スタートアップに便宜を図ってゆく

最近、新聞各紙はスタートアップに関する多くの記事を掲載し、その発展を評価しています。

先ごろ、グエン・スアン・フック首相は科学技術省や、情報通信省、ホーチミン共産青年同盟中央委員会に対し、スタートアップに有利な条件を作り出していくよう指示しました。

これに先立ち、7月20日付のベトナム青年連合会機関紙「タインニェン(Thanh nien)」の電子版はスタートアップに関する記事を掲載し、その中で、「ベトナムのスタートアップ運動が迅速に発展し、ディープテクノロジー(Deep tech)の第3次ブームに近づいている。専門家によると、ベトナムは農業や、サービス業、医療などの分野にディープテクノロジーを応用できる」と伝えました。

一方、7月18日付の電子新聞「Bニュース」は、「ベトナムスタートアップ生態系は成長速度で世界有数であり、シンガポールやインドネシアにほぼ相当する。今後5年間、エンジニアの人数で、世界3位になる見通しである」と報じています。
ソース:VOV