17/02/2021 11:24 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、クアンチュン帝の像に線香を手向ける

(VOVWORLD) -旧暦の1月4日に当たる15日夜、グエン・スアン・フック首相はハノイ市内ドンダー地区にあるドンダー丘の特別な国家遺跡を訪れ、敷地内に置かれているクアンチュン帝の像に花と線香を手向けました。

1788年10月に清朝の軍隊がベトナムに進攻し、タンロン城を占領した後、現在のドンダーの丘の周辺に基地を築きました。クアンチュン帝はこれを受け、ベトナム中部のビンディン省テイソン県から進軍し、ドンダー地区で侵略軍を包囲し、激戦の末に勝利を収めました。

そして、1789年1月5日、クアンチュン帝はタンロン城に入り、勝利を祝いました。それ以来、ハノイ市民は、毎年のこの日をこの偉大な戦勝を記念する日として、 祭りを催してきました。