24/07/2021 08:11 GMT+7 Email Print Like 0

フック国家主席 東京オリンピック・パラリンピックの成功を祝す

(VOVWORLD) -  新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京オリンピックは、現地時間の23日午後8時開幕しました。開会式はメインスタジアムの国立競技場で無観客で行われました。

東京都に緊急事態宣言が発出され、ほとんどの会場が無観客で行われるなど極めて異例な状況で行われるスポーツの祭典は、安全な大会運営を徹底することで選手や関係者への感染拡大を抑えることができると期待されています。

五輪開催にあたり、22日、グエンスアン・フック国家主席は菅・義偉首相に祝電を送り、その中でこのイベントを開催するため、菅首相をはじめ、日本国民は多くの困難、特に新型コロナによる深刻な影響の克服を余儀なくされたと強調しました。また、フック主席は東京オリンピックとパラリンピックの成功を祝うとともに、東京2020オリンピックの聖火は世界的に大流行している新型コロナウイルス感染症に対応している人間の力と日本の頑強な意志・精神を表わすとしています。

なお、開会式のコンセプトは「United by Emotion」です。世界中の人々が新型コロナの脅威の中で過ごし、これまでの大会とは違う環境で迎える中でも、スポーツには人々を感動でつなぐ力があり、多種多様な違いをいかしながら助け合って生きていくことができるという思いが込められています。