24/09/2021 16:38 GMT+7 Email Print Like 0

フック国家主席、国連食料システムサミットにメッセージを送る

フック国家主席は、「世界各国は農業・農村開発分野への投資を強化していく必要がある」と訴えました。 23日、グエン・スアン・フック国家主席は、国連のアントニオ・グテーレス事務総長の主宰による国連食料システムサミットにメッセージを送りました。 その中で、「ベトナムにとって、食糧安全保障は貧困解消や、国民の生活改善、農業の持続可能な発展の土台になっている」と明らかにしました。また、農業の価値の多様化、農業・社会・環境の同時開発、グリーン農業の促進、気候変動への適応、生物多様性の保護、食糧節約など食糧安全保障の確保を目指すいくつかの方策を提案しました。 フック国家主席は、「世界各国は農業・農村開発分野への投資を強化していく必要がある」と訴え、次のように語りました。 「農業分野でのインフラ整備や、農家の役割向上、民間経済セクターからの投資の奨励、先進技術の導入、栄養バランスの確保なども重要な課題です。ベトナムはイノベーション・インベンションネットワークを形成し、国連の協力枠組みに参加する用意があります。また、食糧・食品に関わる地域のイノベーション・インベンションセンターになりたい意向があります。」 このように語ったフック国家主席は、「各国の共同行動により、不可能なことはなく、国連の持続可能な開発のための2030アジェンダが必ず現実化される」との確信を表明しました。 ソース:VOV