05/11/2021 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

フック国家主席、ベトナムと中国との平和な国境地帯の重要性を強調

3日午後、中国と国境を接する北部ランソン省で、グエン・スアン・フック国家主席は同省の指導者と会合を行ないました。
フック国家主席、ベトナムと中国との平和な国境地帯の重要性を強調 - ảnh 1
会合で、フック主席は、「ランソン省は、貿易と投資の発展に必要な環境に恵まれている。特に、ランソン省の強みは国境経済であるため、この強みの発揮に集中する必要がある」と求めました。また、同省に対し、国防安全保障をさらに重視するとともに、輸出入活動に便宜を図りながらも、不正貿易や越境犯罪に効果的に対応するよう要請しました。

そして、フック主席は「中国は長年、ベトナムとの伝統的友好善隣関係を持つ国であり、ベトナムの全面的な戦略的パートナーシップでもある」と述べ、両国の国境地帯の平和・安定を維持することは非常に重要である」と強調しました。さらに、ランソン省に対し、中国の広西チワン族自治区と各関連機関と連携し、両国の輸出入活動と国民の渡航に便宜を図ると共に、交流活動を強化するよう訴えました。
ソース:VOV