06/09/2021 21:47 GMT+7 Email Print Like 0

フエ議長、欧州6カ国在留ベトナム人共同体の代表と懇談

この会議は、9月6日から8日にかけて、IPU=列国議会同盟、国連、オーストリア議会によってオンライン形式で開催されます。 現地時間の9月5日午後、ブオン・ディン・フエ国会議長率いるベトナム国会高級代表団は、第5回世界議会議長会議に出席するため、オーストリアのウィーン・シュヴェヒャート国際空港に到着しました。この会議は、9月6日から8日にかけて、IPU=列国議会同盟、国連、オーストリア議会によって開催されます。 現地時間の5日夜、フエ議長は、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド、オーストリア、及びドイツの欧州6カ国に駐在するベトナム大使と話し合いました。席上、フエ議長は、欧州各国を含む外国駐在ベトナム外交代表機関がワクチン外交を積極的に展開してきたことを高く評価すると同時に、これらの大使に新型コロナワクチンの調達先を積極的に模索し続けるよう求めました。また、フエ議長は、「国会は政府と共に、国内の差し迫った需要に応えるように、ワクチンの購入、受け取りを加速させるために問題点を点検、解決してゆく」と明らかにしました。 なお、同日夜、フエ議長は、在オーストリアベトナム大使館の幹部、職員、及び、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド、オーストリア、そしてドイツの欧州6カ国在留ベトナム人共同体の代表と懇談しました。席上、フエ議長は、「欧州諸国を初めとする国外在留ベトナム人共同体は、団結して、互いに支援し合っている」と強調し、次のように語りました。 「国外在留ベトナム人共同体は、ベトナム国内で自然災害や、疫病などが発生するたびに、適切な行動で、母国を支援する用意があります。これは、貴重な感情です。そのほか皆さんは、国の建設発展事業に大きく貢献してきました。この5年間、国外在留ベトナム人がベトナムに送金した金額は700億米ドルを超えました。現在、27カ国・地域に在留するベトナム人たちが国内で16億米ドル相当の360件のプロジェクトを実施しています。これらのプロジェクトは功を奏しています。」 ソース:VOV