07/11/2019 11:42 GMT+7 Email Print Like 0

ファン・ハー・ズオン副教授

ファン・ハー・ズオン女史(数学研究院、ベトナム科学・技術アカデミー)は、第7パリ大学により26歳の若さで准教授の名称を授与された。現在、彼女は准教授で最も若い女性である。数学に対する望みを実現するために、彼女はベトナムへ帰ることに決めた。近年の2018年の科学教育分野における最も影響がある50名の女の人の一つとしてForbes 誌により公認された。
フランスに住んでいた時の彼女の成功

ハノイ総合大学の3年生のとき、ファン・ティー・ハー・ズオン女史はフランス政府から奨学金を受けた。高成績で、彼女は第6パリ大学に留学し、第6パリ大学の4年生として入学した。
1995年に、彼女は幾何学・数学の修士号を得た。ファン・ハー・ズオン准教授によると、その時期、情報学はベトナムで新しい分野であり、応用性があり、情報学は日々発展し、情報学には多くの基礎的な研究が必要です。その中数学も含まれる。

26歳のファン・ハー・ズオン女史は第7パリ大学により
准教授の称号を授与されたベトナムの最も若い女性である。



Maths Day for Developmentウェブサイト上のファン・ハー・ズオン准教授と有名な数学者たち。


「Maths Day for Development -数学の日と発展」セミナーに他の代表たちと
討論するファン・ハー・ズオン准教授。

1999年1月に、ファン・ハー・ズオン女史の博士論文は第7パリ大学の評価評議会により、優れたレベルと評された価。その時、第7のパリ大学のインフォマティクス学部は、100名を推薦し、その中の3名を准教授として選んだ。ファン・ハー・ズオン博士は准教授に選ばれた。

フランスにおいて、与えられた准教授と教授の称号は正式に公認され、特別に、准教授と教授には3,000ユーロの所得が与えられ、会議やセミナーなどに出席できる多くの機会が与えられる。しかし、2005年8月に、フランスに働く12年間に、ファン・ハー・ズオン准教授とアメリカ、フランス、イギリスで講演する彼女のご主人―1名の教師はベトナムへ帰り、数学研究院の幹部になった。
故郷における数学に関する望みを現実化
ベトナムへ帰る理由について話すとき、ファン・ハー・ズオン副教授によると、彼女が大学の一年生のときにおける彼女の教師の講義は彼女のために、新たな将来を作った。それで、彼女は学生たちに数学に関する愛情を伝えるために、教師になることを望む。
ファン・ハー・ズオン准教授は「私たちにとって、ベトナム人の学生を教え、ベトナムで働けることは喜びであり、意義があります。」と言った。

それで、数学研究院でファン・ハー・ズオン准教授は講義や研究に参加した。現在、彼女は数学研究院といくつかの有名な大学で修士の教育プログラムで講義する。



ファン・ハー・ズオン准教授はForbes 誌により
2018年の科学教育分野における最も影響を与えた50名の女性の一人として認められた。



ファン・ハー・ズオン准教授。


ファン・ハー・ズオン准教授は数学を愛する数多くのベトナム人の若者のために、
創造的な数学教育方法を作る。



ファン・ハー・ズオン副教授と数学と科学サマーキャンプに参加する学生たち。


ファン・ハー・ズオン副教授はフランスにおけるユネスコセンターに2019年3月に開催された「Maths Day for Development」セミナーに出席するベトナムの唯一の代理である。同セミナーは数多くの国家からの数学分野の典型的な300名の代表を集中する。
毎年、ファン・ハー・ズオン准教授は、1~2ヶ月間第6パリ大学、第7パリ大学で講義する。
フランスの研究者グループと協力過程に、ファン・ハー・ズオン准教授は、優れたベトナム人の学生たちのためのフランスの有名な大学の奨学金を探す。
研究に対して、ファン・ハー・ズオン准教授はインフォマティクスに応用される数学問題を研究している。
ファン・ハー・ズオン准教授は「将来に、科学・テクノロジーの発展で、私たちは数学の役割を認識します。」と言った。

"それで、ファン・ハー・ズオン副教授によると、現在に、数学共同体により実現されるベトナムの数学分野の発展傾向の一つは工業などの各分野に、応用的な数学を建設することである。ファン・ハー・ズオン准教授は近い将来、ベトナム経済のダイナミックな発展を促進させるため、欧州諸国が数十年もかけて会社の問題を解決したように、ベトナムの会社の問題を解決するために各会社と協力する。

文:タオ・ヴィー
写真:ヴィエット・クオン

他の記事