28/05/2020 10:06 GMT+7 Email Print Like 0

ブンタウ海で漁獲する

ヴンタウ海岸を散歩すると、海岸から1km離れた海上に見える漁をするために設置された小屋に印象を受ける。その小屋は、湾に沿ってを作られていることを知った。
漁民の一人であるグエン・ヴァン・バン氏と一緒に沖に出ると、漁場の場所に固定されたコンクリートの支柱が見える。支柱には太くて丈夫なロープが結ばれている。バン氏曰く、「私の家族は海の伝統的な仕事を引き継いでいます。1968年、他の家族が漁獲のことを見ると、そのこともしました。」と述べた。今、バン氏には3か所の漁場がある。18人を雇い管理している。最小の漁場を作るには、2億ドンの費用が掛かる。一年中、漁場は維持される。収入額は一か月1億ドンである。

この漁は昔から伝えられているのである。昔、ベトナムの南部の漁民たちは、海産物の開拓のため、この仕事を考えた。


ベトナムのヴンタウ市の漁民たちは、魚を獲るという伝統的な仕事がある。
撮影:タット・ソン



漁をすることは危険である。
撮影:タット・ソン



20年間小屋を守っている。
撮影:コン・ダット



午後、人々は漁のために網を張る。
撮影:コン・ダット



漁獲しているヴン・タウ省にいるグエン・ヴァン・バン氏の家族
撮影:タット・ソン



漁をする人々はロープに巧みに登ることができる。
撮影:トン・ハイ
海上航路分岐のため多くの小屋が排除された。
撮影:トン・ハイ



朝早く回収される網。
撮影:トン・ハイ


小屋での漁は3人から5人が必要である。小屋を作る人はオーナーである。魚やエビなどを運ぶ人が小屋を見守り、網を張る人もいる。
小屋の見守りや網を張る人は、海についての経験を持ち、泳ぎは得意である。小屋の面積は4㎡から10 ㎡ までで、その中で生活しなければならない。

ヴンタウ海で、毎月の旧暦の1日と15日、2回網を張る。1回は5日間行われる。網を張る時、小屋を見守る人は、食べ物、飲み物、たばこなどが準備される。

今、ヴンタウ省には、数100軒の小屋がある。海上航海路変更のため、前より少なくなった。ここは、海に住む人々の特別な漁になっている。

文、撮影:タット・ソン、コン・ダット、トン・ハイ