09/12/2021 16:18 GMT+7 Email Print Like 0

ハ・デンぶどう:グリーンライフのためのクリーンな農産物

ハノイ市の中心部から20km余り離れたダン・フオン県でハ・デンぶどうを栽培していますが、このモデルは経済効果をもたらすだけでなく、この地域の農家に新たな豊かさの方向性をもたらします。
私たちはぶどう園で収穫が始まり、一般観光客を迎え始めた時期ににホイ・フオンぶどう園を訪れました。園の所有者であるグエン・ヒュウ・ホイ氏は家族経営の農場では以前、作物を栽培していたが苗木や人件費の支出が多く利益は限られた状態でしたが、多くの人からハ・デンぶどう栽培モデルの話しを聞き、しばらくして多くの場所に行き研究を始めたと語りました。

そして「バク・ザン農林協会、ダン・フオン県農業普及局、ハノイ市の農林水産品質管理局の技術支援を受けて、ハ・デンぶどうがハノイの季節に適していることがわかりました。加えて、この品種は成長速度が速く、他の作物と比較してリスクが非常に少ないので、私の家族は完全にブドウ栽培に切り替えることにしました」と述べました。

 

ハデンぶどうはダン・フオン(ハノイ)の人々がニューエコノミーを目指すために転換した樹種。



ダン・フオンで栽培されているハ・デンぶどうの品質をチェックする
科学者たちとグエン・ヒュウ・ホイ氏。



実をつける幅を作るために剪定されるぶどうの房。


毎日植物に綺麗な水を供給するために投資された散水システム。



ぶどうの収穫期は通常4月と10月 。


 面積4,200㎡のホイ・フオン夫妻家族のハ・デンぶどう園全景。
ホイ氏の家族は5エーカーの土地を改修し、2020年10月からハ・デンぶどうモデルの実験を行っています。既製の木を購入して植えます。最初は、5〜7枚ごとに剪定し、トラスの屋根に達するまで枝分かれさせる必要があります。木が実を結んだ後、それを包んで実を着色し、害虫と戦う。

これは「気難しい」ぶどう品種です。木の効果的な成長を確保するためには、剪定技術、施肥手順、適切な手入れが必要であるため、ほぼ毎日、ホイ氏の家族が庭に立ち会う必要があります。さらに、ぶどうは雨や低地に非常に「アレルギー」があるため、植物が成長するのに最適な条件になるように、高い土壌トレンチを掘り、マルチ、屋根システムを設計する必要があります。

4つ星のOCOP製品を実現した高品質のハ・デンぶどう。


QRコードによるトレーサビリティを備えたパッケージに入れられる
ホイ・フオンブランドのハ・デンぶどう。

葡萄栽培モデルでの収穫期は4月と10月の2回で、ホイ氏の家族は収穫の季節ごとに1日20万ドンの給料で約10人の労働者を雇わなければなりません。ベトナムの基準に従ってハ・デンぶどうを栽培するこのモデルによって、ホイ氏家族のぶどう園で25万ドン/ kgの売値のぶどうを2,5トン収穫しました。同時にこのぶどう園は観光客を惹きつけることができると気づき、Facebookに写真を投稿し観光客を呼び込みました。

グエン・フウ・ホイ氏は近い将来、シャインマスカットやフィンガーグレープの品種を栽培してぶどう園を拡大すると同時に、観光客が農園を訪れた時により多くの活動ができるように、花とイチゴなどのより多くのモデルを組み合わせる予定です。

ホイ・フオンぶどう園を訪れたヴァン・アインさんは「私は子供たちにとって新しい経験になるだろうと思い、郊外のブドウ園を訪れることを選びました。さらに、ここの野外はかんせんが流行している時期に流行期の人々の集まりを制限します」と述べた。
文:ガン・ハー
撮影:カイン・ロン
翻訳者:ソン・タム・クエン