26/08/2021 01:46 GMT+7 Email Print Like 0

ハリス副大統領:アメリカは独立・繁栄したベトナムを支持する

25日、政府本部で、フアム・ミン・チン首相はベトナムを訪問中のアメリカのカマラ・ハリス副大統領と会見を行いました。 会見で、チン首相は「ベトナムはアメリカとの関係を重視し、両国間の全面的パートナー関係を引き続き発展させることを望んでいる」と強調しました。 両国間の関係を強化する措置に関して、チン首相は両国に対し、越米間のTIFA=貿易・投資枠組み協定の枠内で協力を強化すること、および、両国間の協力関係をさらに強化するため、貿易・投資協力に関する新しい枠組みの作成を検討するよう提案しました。 チン首相はベトナムはベトナムに進出するアメリカ企業に有利な条件を作り出す用意があると明らかにすると共に、アメリカも同国に進出するベトナム企業に便宜を図るよう希望を表明しました。 また、両国が今後も、科学とハイテク、製薬産業、バイオテクノロジー、収穫後技術、インベンション・イノベーションなどの分野における協力を強化することを望んでいると述べると共に、アメリカがベトナムの新型コロナウイルス感染症予防対策を支援するよう提案しました。 一方、ハリス副大統領はアメリカは独立・繁栄したベトナムを支持すると改めて強調すると共に、両国間の広範で安定した関係を強化することを確約しました。また、アメリカは今後も引き続き新型コロナウイルスを始め、将来の各種感染症予防対策を支援すると述べると共にベトナムにアメリカのファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンを100万回分寄付し、24時間以内にベトナムに運ぶことを通知しました。 また、ハリス副大統領はアメリカは経済、貿易、気候変動、科学技術、医療などの分野でベトナムと優先的に協力すると共に戦争後遺症の克服、国連の平和維持活動、海上安全保障分野における能力向上などの分野でベトナムを支援すると明らかにしました。 会見で、双方は共に関心をもっている地域と国際問題について意見交換を行いました。 ソース:VOV