08/12/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイの稲作における機械化

米の生産における機械化はハノイ市民の耕作習慣の認識を変えさせた、農産物生産における機械化はハノイの新しい農村建設プログラムのために、新たな変化を与える。
 
「2016年までの機械化におけるハノイの農業の発展-2020年までの方針」提案書は製品傾向に従って、ハノイの農業のために新たな発展を与える。
ハノイの各地区は農業への機械化提案の実行に積極的に参加した。農業奨励センター(ハノイ農業・農村開発局)は各郡や町に、機械化のモデルを実施した。多くの地区はハノイ市の政策は機械化提案を実行し、地域における農作業を援助する。
フースイエン郡は、生産者がトラクターを購入するとき、各農家が700万ドン(35,000円相当)を援助する制度がある。タインオアイは、トラクター、機械化設備の50%の資金援助をする。
ソックソン郡は機械化モデルに参加する農家のために、トラクター、機械化設備の100%の資金を援助し、機械化援助に、無利子で、20億ドンの金額を融通する。他の各郡は地方で、機械化方法を有するために、ハノイ市の規制、政策を執行する。


農産物の生産者たちに、農機具を供給するトゥアン・トゥー(Tuan Tu)投資株式会社の農業機械を組み立てる仕事場。撮影:コン・ダット(Cong Dat)


カッターを生産するトゥアン・トゥー(Tuan Tu)投資株式会社の工員たち。撮影:コン・ダット(Cong Dat)

粉砕機を生産するトゥアン・トゥー(Tuan Tu)投資株式会社の工員たち。撮影:コン・ダット(Cong Dat)


この数多くの年間に、農民たちと同行するトゥアン・トゥー(Tuan Tu)投資株式会社はよい質、安い値段、販売後の制度である早い進度の十分な要素がある。

米の生産に機械の利用を始めて4年間後、フースエン郡地区の米の生産高は、10%~15%増え、Ⅰ期作当たり1ヘクタール当たり肥料の使用は70万~2、8万ドン減少し、収穫後における損失は2%~3%減少、稲の質を高めた。
現在、フースエン郡のダイタン町、ホアンロン町、トゥイフー町には148台の田植え機がある。農業に機械を使用することで米の生産高は1,15倍~1,2倍になる。
フースエン郡だけでなく、タックトァット郡は農業の機械化で、米の生産効率を高める。耕作から収穫まで農業機械を利用するため、経費は減り、農民たちの経済効果は増える。
ハノイ地域の耕作面積の100%の内60%は農業機械が応用される。将来、ハノイの新しい農村事業開発は成功し、米の豊作となった。


田植え機を使って田植えをする農民たち。撮影:資料


田植え機を使って田植えをする農民たち。撮影:資料

農業機械を応用して稲の刈り取りを行う農民たち。撮影:資料


稲の刈り取りに機械を使用する農民たち。撮影:資料


トラクターを使用する生産者。撮影:資料


農業機械は共同で使われる。撮影:資料

農機具で、耕作するソンフオン町における農民たち。撮影:資料

ミードゥック郡、フンティエン町での米の収穫の様子。撮影:資料

 
文:トゥック・ヒエン(Thuc Hien)
写真:コン・ダット(Cong Dat)、資料