13/01/2018 11:21 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイの文廟 8言語で自動案内システムを導入

11日午後、ベトナム初の大学として知られるハノイ市内の有名な観光スポット文廟は、8つの国の言語による自動案内システムを導入しました。 ハノイの文廟 8言語で自動案内システムを導入 - ảnh 1 自動案内システムのオープニングセレモニー これらの言語はベトナム語、英語、フランス語、スペイン語、韓国語、日本語、タイ語、そして、中国語です。このシステムにより、来観者は、端末を利用して、好きな言語と案内内容を選ぶことができます。また、他人に迷惑をかけないように、ヘッドホンも用意されています。文廟管理センターのレ・スアン・キエウ所長は次のように語りました。 「文廟だけでなく、他の観光スポットも、標準化された案内内容を持っていません。そして、文廟を訪れるお客様は様々な国籍ですが、私たちのガイドさんは英語しかできません。そのため、8つの言語による自動案内システムを導入することにしました。内容に関しては、専門家や研究者のアドバイスを受けた上で編集されています。」 そして、文廟の案内板とチケット売り場も改装されました。 ソース:VOV