07/02/2020 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイにおける各遺跡は観光客の観光に応えるために、再オープンさせる

ハノイにおける各遺跡は観光客の観光に応えるために、再オープンさせる

 

2月6日に、文廟を訪問する観光客たち。撮影:タイン・トゥン(Thanh Tung)-ベトナム通信社
2020年2月6日の午前、ハノイの各遺跡や名勝地は、観光客たちを歓迎するために新型コロナウイルスによる疫病予防を実施し、1日後にオープンさせた。
2020年2月6日、文廟遺跡は新型コロナウイルスによる疫病予防処理を実施し、殺菌・消毒液を散布し、その後、観光客たちを歓迎するために、オープンした。
レー・スアン・キエウ氏―文廟-国子監科学文化活動センターの監督によると、新型コロナウイルスの予防対策をし、地域の健康を護るために、文廟-国子監科学文化活動センターは文廟-国子監のすべての地域に。殺菌・消毒液の散布をした。文廟-国子監科学文化活動センターとユネスコ旅行会社は観光客たちに、マスクを無料で供給した。

観光客の入場を禁止した後、ホアンタイン‐タンロン遺産は再びオープンした。グエン・ティー・イエン氏―ハノイのホアンタイン‐タンロン遺産保存センターの指導者によると、2月6日の午前、多くの観光客は、ホアンタイン‐タンロン遺産を観光した。ホアンタイン‐タンロン遺産保存センターは観光客たちに、観光客たちと地域の安全を確保するために、新型コロナウイルスによる疫病予防処理を実施したことを伝えた。2月はホアンタイン‐タンロン遺産地域に、殺菌・消毒液を散布した。2月6日の7時、ゴックソン神殿遺跡は再びオープンした。多くの観光客たちは同遺跡を訪問した。ハノイ遺跡名勝地管理員会会長グエン・ゾアン・ヴァン氏によると、2月5日、ハノイ遺跡名勝地管理員会はゴックソン神殿の地域と他の6つの遺跡地域に、殺菌・消毒液を散布した。ゴックソン神殿を訪問するとき、観光客たちに、マスクと殺菌手洗いを無料で提供した。
ホアロー刑務所、クアンタイン神殿、ハンガン通り48番の遺跡などのハノイの多くの遺跡は2月6日に再びオープンした。2月5日、各遺跡地域は殺菌・消毒液の散布が行われた。各遺跡地域における殺菌処理を終え衛生強化された。

各遺跡の幹部たちは個人と観光客たちが新型コロナウイルスによる伝染予防を援助するために、見識と技能を持って、観光客たちに無料でマスクの配給と手洗い殺菌を実施した。
文、写真:ベトナム通信社、ベトナムフォトジャーナル