06/08/2019 15:16 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイにおけるリサイクル喫茶店

独創性のあるアイディアで喫茶店を作りたいと、35歳のグエン・ヴァン・トー氏はハノイのハンチェ通りに廃棄物を原料として作られたリサイクル喫茶店を開いた。 リサイクル喫茶店は特別な空間でコーヒーを味わうだけでなく、人々に環境保護に対するマナーを伝えることに貢献する。
グエン・ヴァン・トー氏は、無駄に捨てられている多くの道具が効果的に使われていないことに気づき、リサイクルできる原料を使って作る喫茶店を開くことを決めた。

「どうして環境保護に貢献する営業のプロジェクトを企業しないのか?」と思ったグエン・ヴァン・トー氏は廃棄物を集め、それを使い喫茶店を作った。グエン・ヴァン・トー氏によると、最も大切なのは想像力である。トー氏は時間をかけ、装飾とデザインを準備する道具について考えた。

ハノイのハンチェ通りにある喫茶店
撮影:ヴィエット・クオン



リサイクル喫茶店の特別な空間
撮影:カイン・ロン



リサイクル喫茶店の懐かしのコーヒーコーナー
撮影:ヴィエット・クオン



捨てられたボトルで作られる天井扇灯
撮影:カイン・ロン



廃棄物で作られる喫茶店の特別なアイディア
撮影:カイン・ロン



自然に優しい空間。
撮影:ヴィエット・クオン



自然に親切である原料で作られる喫茶店。
撮影:カイン・ロン



喫茶店に来る客は内装
撮影:ヴィエット・クオン



リサイクル喫茶店の空間を体験する観光客。
撮影:カイン・ロン



リサイクル喫茶店で飲み物を味わう外国人の観光客。
撮影:カイン・ロン



リサイクル喫茶店で見られる環境保護のメッセージ
撮影:カイン・ロン



若者たちに環境保護のメッセージを伝えるグエン・ヴァン・トー氏
撮影:カイン・ロン

 
廃棄物を使うため、2カ月だけで、リサイクル喫茶店が完成された。その料コストは10億ドンである。今、リサイクル喫茶店の90パーセントの内装がリサイクルの原料で作られる。

リサイクル喫茶店を作る原料は自然に親切であり、健康に良く、リサイクルできる。リサイクル喫茶店を通じて、環境保護のメッセージがみんなに伝えられる。

文、撮影:カイン・ロン、ヴィエット・クオン