31/08/2018 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイ、FDI誘致でトップに立つ

統計総局によりますと、今年初めから8月中旬まで、国内の52の省と市は新規FDI=外国直接投資プロジェクト1900件を誘致し、額にして134億ドルに達しました。
その中で、ハノイが誘致したFDIは50億ドルを超え、トップに立ち、バリア・ブンタウ省、ビンズオン省、ホーチミン市はそれに次いでいます。

一方、同じ期間に、ベトナムへの新規投資プロジェクトを許可された上位投資国は日本、韓国、シンガポールの順となっています。

こうした中、ベトナムは過去8ヶ月、29カ国に財政・銀行、農林水産業、加工、製造業への新規投資プロジェクト93件を行い、新規プロジェクトと増資プロジェクトの投資額は合わせて3億ドルを超えています。
ソース:VOV