09/06/2021 09:27 GMT+7 Email Print Like 0

パンデミック対策指導委員会、入国者受け入れを討議

(VOVWORLD) - ベトナム入りしたい外国人専門家を支援するため、外務省は保健省や、公安省、国防省、交通運輸省と連携して、作業部会を設立したとしています。
8日午後、政府本部で、新型コロナウイルス感染症予防対策国家指導委員会の常務部は会議を行い、各地方でのパンデミック予防対策の状況や、今後の方向、入国者の受け入れなどについて討議しました。

席上、ト・アイン・ズン外務次官は、「この間、帰国したい国外在留ベトナム人の数が増えている」と明らかにし、「新型コロナの影響で海外に足止めされるベトナム人を帰国させる活動を継続するよう」訴えました。

また、ベトナム入りしたい外国人専門家を支援するため、外務省は保健省や、公安省、国防省、交通運輸省と連携して、作業部会を設立したとしています。また、参加者らは医療申告の重要性を再確認した上で、今後も厳格化させていくと明らかにしました。