15/03/2018 09:34 GMT+7 Email Print Like 0

バクニン省、日本の桜植樹セレモニー

ベトナムの多くの地方で植えられている桜の木は、両国国民の架け橋になるでしょう。

13日、ベトナム北部バクニン省バクニン市にあるグエン・ヴァン・ク公園で、日本中京地区ベトナム友好協会の寄贈による桜の木200本の植樹式典が行われました。

セレモニーで発言にたった在ベトナム日本大使館の麻妻信一公使は、「ベトナムでの桜の木の栽培は2012年に始めたが、中京地区ベトナム友好協会が積極的に参加している」と述べました。また、「ベトナムの多くの地方で植えられている桜の木は、両国国民の架け橋になるだろう」と強調しました。
ソース:VOV