11/09/2017 15:14 GMT+7 Email Print Like 0

ニャチャンとソウルを結ぶ直行便の就航

先ごろ、中部カインホア省観光協会と韓国のチェジュ航空は、ニャチャン市からソウル行きの直行便の就航に関する協力合意書に調印しました。
これは、観光客の多様化に向けた措置であると同時に、特定の市場への依存の回避を目指しています。カインホア省観光協会のグェン・バン・タイン副会長兼理事長は次のように明らかにしました。  

(テープ) 

「観光振興を行うためには、観光客に便宜を図る必要があります。ニャチャン市は、韓国人観光客の増加を目指して、取り組んでいます。特定のいくつかの市場だけに依存せず、市場の多様化と安定化に力を尽くしていきます。」

ニャチャン市とソウルを結ぶ直行便は、年末に就航し、一日1便、所要時間が5時間となります。カインホア省観光協会は、韓国からの観光客を接待するサービスや人材を整えると共に、韓国を訪れるベトナム人観光客をサービスするため、同省にある旅行会社やホテルなどと連携してゆきます。
ソース:VOV