10/03/2020 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

トゥアティエン・フエ省、初の感染者を確認

8日夜、中部トゥアティエン・フエ省人民委員会は初の新型コロナウイルス感染者が確認されたと明らかにしました。
感染者はイギリス人観光客であり、6日に感染が確認された17人目の感染者と同じ便でベトナムに入国しました。ノイバイ国際空港に到着した後、彼女はハノイに3泊に滞在し、その後、ベトナム航空のVN1547便でフエ市に行きました。

この観光客はフエ市の中央病院2号で隔離され、数回にわたる検査で陽性が判定されました。感染者は咳や発熱、息苦しさなどの症状が出ていません。トゥアティエン・フエ省医療局・医療業務室のグエン・マウ・ズエン室長は次のように明らかにしました。

「隔離措置は往来制限、接触制限、一ヶ所に留まることを含んでいます。また、感染者と接触した人々のリストを公開し、彼らに自分の健康監視を勧告します。毎日、電話で医療職員に健康状態を報告しなければなりません。」

一方、ハノイからフエ行きのVN1547便でイギリス人感染者と接触した15人に隔離措置を適用しています。
ソース:VOV