24/10/2019 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

ドンホー版画

昔から、ベトナムの北部地方の人たちは、新年(旧正月)のお祝いと家族の幸せを祈りドンホー版画を家の中に飾る。そのため、ドンホー版画は多くの世代のベトナム人の人々の生活に大きな影響を与え、国家レベル無形文化遺産であると批准された。今まで、ドンホー版画は村だけの発展ではなく、絵画、彫刻、ファッション、陶器などの分野でも拡大される。
ドンホー版画を保存
ドンホー版画は、17世紀ごろバックニン省トゥアンタイン県ソンホー集落にあるドンホー村で生まれた。1945年、ドンホー村に住んでいる17家族はすべてドンホー版画を製作する。今、グエン・フウ・サム職人とグエン・ダン・チェ―職人の家族が残っているだけである。1,000枚の木版画と500枚の古い版画が保存されている。

グエン・フウ・サム職人の息子であるグエン・フウ・クア職人は「私たちは生まれた時から、ドンホー版画が家族の誇りであることがわかっているようです。父は生きてる間、数百枚の版画が古くなり埃が被っていることを見ると寂しくなるが、ドンホー版画を保存し、その職業を維持させるのを私たちに言いました。」と述べた。

今、グエン・フウ・クア職人、グエン・ティ・オアイン職人、グエン・フウ・ホア職人の家族は昔から伝える500枚の木版を保存している。各職人は、その古い木版を正確近く再現させた。


木版画に絵を彫刻する工程。
撮影:コン・ダット



ドンホー木版画の1つ
撮影:コン・ダット



ドンホ―木版画を印刷する工程とその原料。
撮影:コン・ダット


「繁栄」と題された絵の5枚の木版画の色はそれぞれ違う。
撮影:コン・ダット



数枚の絵を作製ために、多くの彫刻の木版画を使わなければならない。
撮影:コン・ダット



印刷された後、手描きで模様がいれられるドンホ―版画
撮影:コン・ダット



ドンホー版画を乾燥させる。
撮影:コン・ダット







ドンホ―版画の代表的な絵
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル



木版画の1つ。
撮影:コン・ダット

 

ドンホ―版画センター
ホームページ:
http://tranhdongho.bacninh.com
ドンホ―版画を作る情報:
グエン・ダン・チェ工芸職人
電話番号:022-3865308
グエン・ダン・タム工芸職人
電話番号: 091 3009433.
Email: tamlangho@gmail.com
グエン・ティ・オアイン工芸職人
電話番号: 036-2181135
グエン・フウ・クア工芸職人電話番号:0946204698

ホーチミン市におけるドンホ―版画を紹介する場所
ホームページ:
www.tranhdangiandongho.vn
電子メール:ab@tranhdangiandongho.vn
ホーチミン市16区カウ―・コ町ヴォ―ヴァンキエット通り612/1番地
ホーチミン市8区16町ヴォ―ヴァンキエット通り1648番地
ドンホ―版画は模様を彫刻した木の板にバレンを使って手で印刷され、その内容が特別な物語である。版画の材は全て、自然木が使われる。木版の数は色の板の数と同じである。版画に使われている紙は「ゾー」という木の樹皮から作られ、小さいサイズは、11cm×12cm、大きいサイズは、22cm×31cmがある。

グエン・フウ・ホア職人は年末だけで販売されるため、ドンホ―版画がテト(正月)の絵と呼ばれたと述べた。ドンホー版画は新年を祝う縁起物として家に飾られる。

ドンホー版画の内容は、水牛、豚、魚、ネズミなどのベトナムの北部の田舎の人民たちの日常生活を表わすものである。他はベトナムの伝統的な物語の内容とベトナムの歴史の重要な祭りについて表わす。

民間の特徴を有するドンホ―版画は歴史の一部になり、ベトナム人の心で深く彫刻している。



今の生活の中のドンホ―版画

この数年間、多くの外国人の観光客はドンホ―版画村を訪問し、お土産になるドンホ―版画を購入した。そのことはドンホ―版画村の工芸職人がドンホ―版画を保存し、発展させる意志を促進させた。グエン・フウ・サム工芸職人のドンホ―版画はアメリカで紹介された。500枚を購入する観光客の一人がいる。

お土産になるドンホ―版画を購入する外国人の観光客。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



学生たちにドンホ―版画の作り方を教えるグエン・ティ・オアイン工芸職人
撮影:ベトナムフォトジャーナル



アオザイで使われるドンホ―版画の模様
撮影:コン・ダット



ドンホ―版画を保存するヴ―・ティ・グエット工芸職人。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



新たな版のドンホ―版画の一つを創造したダイ・バイ村の工芸職人。
撮影:ベトナムフォトジャーナル


ベトナムの他の製品で使われるドンホ―版画の模様
撮影:ベトナムフォトジャーナル

 

今、ソン・ホ村を訪問する観光客はドンホ―版画保存センターでドンホ―版画を理解する機会がある。グエン・ダン・チェ工芸職人が開いたドンホ―版画保存センターでドンホ―版画を作る段階が体験できる。今、トゥアン・タイン、ザウ寺、ブット・タップ寺、ドンホ―版画村のツアーは多くの観光客の関心を集中した。
ドンホ―版画のテーマは礼拝、歴史、祝い、生活の漫画と物語である。

ホーチミン市において、アンビン教育会社は多くのベトナムにおける国際学校ト協力し、ドンホ―版画を体験するイベントを行った。観光客はホームページwww.tranhdangiandongho.vnでドンホ―版画の情報を調べることができる。

しかし、ドンホー村で、伝統絵画の作り方が理解できる職人は少ない。維持する人がいなくなったら、ドンホ―版画がなくなる危機がある。そのため、ベトナムはUNESCOに「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」であるドンホー版画についての保護内容書類を完成している。
文:ビック・ヴァン
撮影:コン・ダット、資料