13/08/2020 15:19 GMT+7 Email Print Like 0

ドゥオンラム村の焼肉

ハノイのソンタイにあるドゥオンラム村は、呉朝の建国者ゴ・クエン(939年-944年)は、南漢軍を破り、国を護る物語の中に出てくる焼肉用に使った棒ドンガイン(天秤棒)を、今まで保存している。

ドゥオンラム村には、多くの伝統料理が保存されている。特に、ドンガイン(天秤棒)である。伝説によると、ゴ・クエン王は、バックダン川で南漢軍を破った後、ドンガインを使って焼肉を料理し、兵士たちを接待した。今も、そのドンガイン棒は保存され、ドゥオンラム村を訪れる客の接待料理になっている。


ドンガイン焼き肉を作るの豚のばら肉


豚の脇バラ肉を玉ねぎとニンニクに浸ける


豚バラ肉を木炭で3~5時間焼く

ドゥオンラム村の人気のある焼肉料理。
 

私たちは、ドゥオンラム村の伝統的な焼肉を作るルオン氏宅を訪問した。妻のフオンさんは、美味しい焼肉を作るためには、新鮮で良質の豚バラ肉を選ばなければならないと言った。調味料は、ヌックマム、味の素、胡椒、乾燥玉ねぎである。その調味料に浸けた豚バラ肉を竹の天秤棒に巻き、それをバナナの葉で包む。10分焼かれた後、豚バラ肉を串で刺し、脂をです。その後、豚バラ肉は、塩とライムで表面を洗い流す。最後、3~5時間焼き完成する。

賞味できるアドレス
ドゥオンラム村、ルオン・フオン夫婦のドンガイン焼き肉
電話番号:0379064874

キエンレストラン
ハノイ、トゥエ・ティン通り100番地
電話番号:0912969497
文、撮影:チャン・タイン・ザン