02/10/2018 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

ティン国家主席代行、ソンラ省を訪問

この計画がこの6ヶ月間に実施されて以来、麻薬防止対策への現地住民の積極的な参加を働きかける運動が強化された他、麻薬犯罪が減少しているということです。
ティン国家主席代行、ソンラ省を訪問 - ảnh 1   テイン女史と国境警備部隊(ベトナム通信社)
1日午前、北部ソンラ省モクチャウ県で、国境警備司令部は、関連各機関と連携して、国境地域における麻薬犯罪防止対策計画の実施状況の総括会議を開催しました。
この計画がこの6ヶ月間に実施されて以来、麻薬防止対策への現地住民の積極的な参加を働きかける運動が強化された他、麻薬犯罪が減少しているということです。
会議に出席したダン・ティ・ゴック・ティン国家主席代行は、バンホー県にあるタンスアン国境警備庁とモクチャウ県にあるロンサップ国境警備庁にプレゼントを渡しました。
また、国境警備司令官のホアン・スアン・チエン中将は、武装した麻薬輸送犯罪の防止対策において優れた業績を収めた8団体に表彰状を授与しました。
なお、同日午前、ティン国家主席代行は、モックチャウ県タンスアン村人民委員会の事務所の開設式に列席した他、モクチャウ県とバンホー県に住む恵まれない世帯に対し5軒のチャリティハウスや子牛を贈呈し、貧しい生徒200人に対しベトナム子ども保護基金の奨学金を手渡しました。
ソース:VOV